■EV用バッテリー

現在のEV用のバッテリーは、車・バイク用の物とは異なり、一定の出力で長時間使用可能なものになっています。しかしながら高航続距離を担保するには至っていません。未来のバッテリーとは・・・

●バッテリーの区分

種類 スターターバッテリー
(エンジン始動用バッテリー)
EBバッテリー
(ディープサイクルバッテリー)
特徴 短時間での高い出力が必要であり、後は低い出力で使用可能なもの 一定の出力で長時間使用可能な事
主な用途 セルモーターのある電動を動力としない乗り物や器具(乗用車、バイク、船舶、農機具、建設重機) 電力を動力とする乗り物や器具
(電気自動車、電気バイク、電動フォークリフト、ゴルフカート、電動車椅子、キャンピングカー予備バッテリー、UPS(非常用バックアップ電源))

 

 

●バッテリーの種類

種類 構造等 特徴
鉛バッテリー ●正極=二酸化鉛
●電解液=希硫酸
●負極=鉛
●安い
●電池の最古参
シリコン
バッテリー
●電解液に希硫酸ではなくシリコン電解液を使用している。 ●サルフェーッションがおこりにくい
●自己放電も少なく長期保管も可能
●従来のバッテリーよりも容量比120パーセント以上
リチウム
イオン
バッテリー
●正極=コバルト酸リチウムなど
●電解液=有機物
●負極=炭素
●容量が多い(沢山電気を貯められる)
●電圧が高い・寿命が長い
●現役電池のチャンピオン

 

●未来のバッテリー=燃料電池

燃料電池のしくみ水素と酸素の燃料電池が一般的です。

燃料電池は①燃料極と④空気極を配置し、②触媒で電子を放出する酸化反応と、③触媒で電子を受け取る還元反応を別々に行わせています。

①燃料極に供給された水素は、②触媒によって水素イオン(H+)と電子(-)に分解されます。生成された水素イオン(H+)は、固体高分子膜内を④空気極へ向かって移動します。

ここで分解された電子(-)が①燃料極から④空気極へ流れる事により電力が発生します。

④空気極では、移動してきた水素イオン(H+)と空気中の酸素の反応により水が生成されます。

 

Update 2016/05/01  Create 2010/10/10

 

 

関連記事


EV用モーターの原理
電動スクーターの心臓はモーターです。モーターの原理って小学校で学んだと思いますが、今一度思い出してみましょう。モーターとは結構、「発明」だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini 故障診断 コラム サイトマップ

このページの先頭へ