■自転車レッドカード

自転車も法律で定められた乗り物なので、罰則規定は存在する。夜、暗がりで待ち構えていた警察官に自転車を止められて、切符のようなものを書き始められた。え~っ。

●自転車レッドカードとは・・・

一般的には無灯火で自転車に乗っていて、警察に止められ発酵される以下の様な警告書である。「罰金は取りませんけど、気を付けてくださいね。」と言われ手渡される。

自転車レッドカード

 

 

●自転車レッドカード裏面

家に帰って裏面を呼んでみると、結構恐ろしい事が書いてある。

自転車レッドカード・自転車の違反行為

●自転車の交通違反

1酒酔い運転(法第65条第1項、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
2信号無視(法第7条、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金)
3指定場所一時不停止(法第43条、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金)
4無灯火(法第52条第1項、5万円以下の罰金)
5二人乗り (法施行細則第8条第1号ア、2万円以下の罰金又は科料)
6並進(法第19条、2万円以下の罰金又は科料)
フ制動装置(法第63条の9第1項、5万円以下の罰金)
8携帯電話等の使用(法施行細則第10条第6号、5万円以下の罰金)
9イヤホーン等の使用(法施行細則第10条第フ号、5万円以下の罰金)
10その他

よく読んでみると、バイクや車の罰金よりも高い。現在、止められた状態で罰金を取られる事は無いのだろうが、自転車で事故を起こした時には上記が適用されると考えます。

自転車であっても速度を出して、人にぶつかった場合は、打ち所が悪く死亡する可能性は0ではない。自転車であっても無謀な事はよした方が良いと感じた。

 

Update 2016/05/01  Create 2013/07/14

 

 

関連記事


JEEPマウンテンバイクを買ってみた
手軽な移動手段で一番安い自転車。アウトドア・散歩好きな人は、是非、マウンテンバイクを買ってみましょう。きっと楽しいはずです。

    スクーター 4st_Mini 故障診断 コラム サイトマップ

このページの先頭へ