■佐渡キャンプツーリング

会社の盆休みに、バイクで新潟から時計回りに東北一蹴の予定だったが、わけあって新潟(佐渡)のキャンプツーリングとなった。でもそれはバイクでのフェリーも初体験だし、新潟、佐渡も初めての地。楽しみでしたし、どんな美しい光景・おいしさ・発見があったのでしょうか?

●越後川口SA  http://sapa.driveplaza.com/sapa/1800/1800166/1/

埼玉から関越に乗って新潟からほど近い、越後川口SAに到着した。そこにはちょっとした展望スポットがありそこからの眺めは以下、信濃川を中心とした風景。信濃川のゆったりさと真夏の田園の緑は格別だった。

能勢川口 信濃川

●JR新潟駅    http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=1137

JR新潟駅

 

 

●新潟・佐渡汽船 http://www.sadokisen.co.jp/

新潟に着いて、まずは新潟から近いフェリー乗り場(佐渡汽船)に行った。乗り場に入ると係員に、「ここに止めてね。切符買ってね。時間になったら乗り込みレーンの先頭に着てね。」と言われた。

マグナ カーフェリー

●カーフェリー

自分の経験ではフェリーって小さいものであったが、登場されてびっくり。でかい。

カーフェリー

●カーフェリー乗降口

時間になったら、乗り込みレーンの先頭で待った。カーフェリーは、前からも、後ろからも乗れる事ぐらい知っていたが、綺麗にとがっている船先もこんな風に開くとは・・・

カーフェリー 先端が開く

●バイクの積まれ方

バイクは、先頭に乗り込めるか、最後(船尾)に廻されるかである。理由は駐車・固定場所による事を知った。船首では以下の様に固定され、船尾でも同様だろう。航行中は車両保管庫に入れない。

バイクの積まれ方

両津港 案内版

●国定公園 二ツ亀     

http://www.niigata-kankou.or.jp/sado/kanko/institution/5869.html

フェリーを降りて、最初に向かったのは、佐渡の北端に近い有名な二ツ亀。小さなホテルもありキャンプ場もある。国定公園であり、海は当然綺麗だし、星空もばっちり。いい所だ。

国定公園 二ツ亀

二ツ亀の全景  佐渡のパンフレット類には必ず出てくる。

二ツ亀 全景

二ツ亀 位置

二ツ亀 お母さんと一緒

●ひまわり畑

二つ亀から島の北側を南下するといくつかひまわり畑があった。これも佐渡のパンフレットに載る光景だが、黄色とブルーのコントラストは写真以上にGOODだ。

●旅行での出費とご当地もの発見(恐るべし新潟県)

一般的な真夏のバイクツーリングは、コンビに毎にジュースやアイス。腹はちゃぷちゃぷであり、脱水症状すれすれの状態だ。そんな中、朝にキャンプ場で缶コーヒーを飲んだきり何も食べていない。

昼近くになり、お腹が少しすいたので、佐渡・北岸にほど近いとある漁港の割烹・すし屋でめしを食う事にした。

そこのメニューには、うどん:800円、焼き魚定職:1,100円、お刺身定職:1,600円であった。こんな田舎の割には結構高いなあ。地元の人は食ってないだろう。観光客目当てだね、とは思ったが、あなただったら何を選ぶだろうか? 

俺のポリシーは、「高くてもご当地物の堪能だ!」。そこでしか食えないものを味わって、「あそこのあれはおいしかったなあ。」と思い出に残す事だと思う。旅行に行って、ファーストフードはだめだと思う。思い出にならない。そんなに節約したいなら旅行に行くなとまで思う。

迷わず”お刺身定職:1,600円”を頼んだ。 「お~!」小鉢攻撃でお盆からはみだしそうだ。

佐渡のお刺身定職

 

Update 2016/05/01  Create 2013/08/20

 

 

関連記事


■バイクで日本一周してみた
春に会社を早期退職したので、バイクで日本を一周してみた。2ヶ月ぐらい毎日バイクに乗っていた。結構しんどかったし、色々あったがいい思い出になった。バイク好きであれば一生に一度は行ってみたほうがいいと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini 故障診断 コラム サイトマップ

このページの先頭へ