■レッツからZZのエンジンに交換

レッツをかっこよくするために、前後足回りを12インチ・キャストホイールであるZZ用の物に交換する事が手っ取り早いと思った。レッツとZZは兄弟車であり互換性はあると思ってトライしてみた。

●エンジンスワップは可能か?

基本的にある程度は調べており、レッツ2⇒ZZのエンジン載せ替えに関してはリヤサスの上部のフレーム部の加工以外は、スワップが可能であるとの事。 フレーム部の加工がどの位必要かは分からなかったがトライしてみた結果・・・

・フレーム側ショック取り付け位置を40mmぐらい外側へ移動する工夫が必要

・ZZ用のサスペンションがが必要

・ZZ用のエアクリーナーが必要

 

●作業手順

ホイルの入手●ホイルの入手

ホイルですが、フロントとセットでヤクオクで買いました。前後で11,000円の為、リヤ側は5,500円というところでしょうか?こんなもんかと思います。

エンジンの入手●エンジンの入手

エンジンもヤフオクで入手しました。相場は20,000円ぐらいでしたが、10,00円ぐらいで安く入手出ました。

チャンバーの取り外し

●チャンバーの取り外し

エンジンフランジ部の六角ボルトを2本外す。
本体部ボルトを2本外す。

シート・トランクの取り外し

●シート・トランクの取り外し

シートとトランクを取り外します。

エアクリナー・リヤサスの取り外し

●エアクリナー・リヤサスの取り外し

エアクリーナーを取り外します。
リヤサスペンションの下側のボルトを外します。

ブレーキワイヤーの取り外し

●ブレーキワイヤーの取り外し

リヤ側のブレーキワイヤーを外します。

 

 

●オイル系統の取り外し

●オイル系統の取り外し

印の部分でオイルホースを外します。
エンジン側、オイルタンク側、両方はらオイルが流れ出しますので写真の様に10mmのボルトを差し込んでおきます。

燃料系統の取り外し

●燃料系統の取り外し

キャブレターごと外しました。そうする事でガソリンが漏れません。
キャブレターを固定している写真の2か所のボルトを外します。

●その他

ハーネスを全て取り外します。
ドレンホース類を全て取り外します。

エンジン取り付けボルトの取り外し

●エンジン取り付けボルトの取り外し

リヤ側のブレーキワイヤーを外します。

※以上で取り外しの準備は完了です。

エンジン載せ替え

●エンジン載せ替え

ZZのエンジンを左に置き、車体を持ち上げて載せます。

載せた後にエンジンボルトを組み付けてから、各部を取り外し手順と逆に取り付けていきます。

リヤサス(足回り側)

●リヤサス(足回り側)

リヤサスはそのまま付きません。

・短い~レッツ2のはZZの物より4cm程短い。
・横方向の位置づれ~写真の様にリヤサス下部の取り付け位置がづれています。サスは直線状なのでサス上部と下部の位置がずれている事になります。

リヤサス(フレーム側)

●リヤサス(フレーム側)

 Aの場所が元の取り付け位置です。ここから左に4cmぐらいのB辺りに固定する必要があります。Bの位置にブラケットを作成する事は部材と溶接が必要であり非常に困難です。
 長いボルトを使用してBの位置に固定する事としました。元のボルトはM10×35ぐらいでありもっと長い(60mm)ボルトが必要です。

サス固定ボルト

●サス固定ボルト

M10×60細目のボルトはホームセンターには売っていませんでした。ネットでばら売りを探したのが写真の物。829円でした。
キタコ KITACO /ビビッドボルト(ステンレス)
パッケージの裏には以下の注意書きがあります。”エンジンマウントやショックの取り付け部等荷重のかかる所には使用しないでください。※改造はあくまでも個人の責任でお願いします。

 

リヤサス取り付け(フレーム側)

●リヤサス取り付け(フレーム側)

サスが外側に出っ張るので、印の部分のアンダーカバーを削る必要があります。
リヤサスを取り付けた状態。

※改造はあくまでも個人の責任でお願いします。

リヤサス取り付け(足回り側)

●リヤサス取り付け(足回り側)

・サスが短い状態ではあるが仮止めを行った。
・タイヤとアンダーカバーのクリアランスが小さく、バウンドした場合はこするでしょう。
・サスの取り付け位置が後方にづれるので、レッツ2のエアクリーナーは取り付きません。写真はエアクリーナーをカットした物です。(カット部より前方はレッツもZZも同じ。

長いサスの入手が必要。
エアクリーナーの入手が必要。

 

Update 2016/04/22  Create 2013/05/01

 

 

関連記事


■フロント足回りASSYをレッツからZZに交換
レッツ2に、スポーティー感とどっしり感を出したく思った。基本的には大掛かりな加工を必要としない事で考えた結果、前後の足回りをZZの12インチに変えることにしました。レッツ~ZZは同じ車系ででありフレームはほぼ共通です。従って、フロント足回りはポン付けが可能でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini 故障診断 コラム サイトマップ  

このページの先頭へ