■スクーターのエンジン冷却(クーリングファン)

原付や小排気量のスクーターは、強制冷却式(空冷)となっている場合が多い。カウルに囲まれたエンジンの状況で、どの様にれいきゃくしているのでしょうか?

 

●強制冷却式(エアの流れ)

クーリングファン・スクーター ●エアの吸い込み口

原付スクーターは、強制冷却式となっており、エンジンに直結されたファンにより外気を吸い込んでエンジンに送っています。
クーリングファン・スクーター ●エアの流れ

送り込まれた外気はシリンダー廻りを通過し下方へ抜けていきます。
クーリングファン・スクーター ●エアの出口

エンジン下部の写真です。掃気ポート廻り及び写真の下側から空気が抜けていきます。

 

 

●クーリングファン

 

●軽量クーリングファン

デイトナ赤ファンのメリットは軽量と見た目。デメリットは純正より風量が少ないのでチューン車だと熱ダレしやすい。ボアアップ車は不可。

デイトナ青ファン(強化)…メリットは純正より風量UPするので若干熱ダレが緩和される。デメリットなし。

 

Update 2015/01/01  Create 2011/01/01

 

 

関連記事


■スクーター・2st・ボアアップ
一番確実にパワーアップできるのはエンジンのボアップです。ボアアップキットも非常に安くなりました。駆動系のセッティング、登録の変更等も必要となりますがボアアップにトライしてみてはいかがでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini 故障診断 コラム サイトマップ  

このページの先頭へ