プラグ交換事例・ネイキッドバイク(スズキ・イナズマ400)

ヤフオクで買ったイナズマのエンジンのかかりが異常に悪い。元々、油冷エンジンはかかりが悪いとの評判だが異常なまでにかかりが悪い。(真夏でも乗り出しにはチョークが必要だったぐらい。)

ヤフオクで買ったバイクでありどのくらいプラグが消耗しているか解らないし、いっそのこと始動性にも優れたイリジウムプラグに替えてしまおう!


●イリジウムプラグ

通常のプラグが650円/本(650円×4気筒=2,600円)なのに対して、1,720円/本(1,720円×4気筒=6,880円)と3倍近いが、点火性・燃費向上・耐久性を期待して購入した。

イリジウムプラグ

●イナズマ400のプラグ品番(標準プラグ)

適合 スズキ / イナズマ400
適合付帯条件 1997年3月-2001年11月
(スズキ・GSX400FSVイナズマ) 型式:GK7BA
2000年11月以降
(スズキ・イナズマ) 型式:GK7BA
ブランド NGK
メーカー品番 CR9EK・4548 CR8EK・3478
必要本数 4
サイズ 取付ねじ径:φ10.0mm  取付ねじ長:19.0mm 六角対辺:Hex 16.0mm
端子形状 ターミナルナットはありません。
備考 主にメーカー組付用として開発されたプラグです。

●イナズマ400のプラグ品番(イリジウムプラグ)

適合 スズキ / イナズマ400
適合付帯条件 1997年3月-2001年11月
(スズキ・GSX400FSVイナズマ) 型式:GK7BA
2000年11月以降
(スズキ・イナズマ) 型式:GK7BA
ブランド NGK
メーカー品番 CR9EIX・5448 CR8EIX・4814
必要本数 4
サイズ 取付ねじ径:φ10.0mm  取付ねじ長:19.0mm 六角対辺:Hex 16.0mm
端子形状 ターミナルナットはありません。
備考 イリジウムIXプラグは、一般プラグに比べ燃焼の広がりが速く、また絶縁体先端部にサーモエッジを設けて、プラグ汚損を改良した高性能プラグです。

●交換スペースの確認

ネイキッドバイクでプラグキャップが見えていても、交換を行うためには以下の要件が必要となり、作業前に確認してみよう。

チェック・プラグキャップが外せるか?バイクによってはキャップも非常に長い。

チェック・抜いて取り出せるか?

チェック・プラグレンチが届くか? 届いて回せるか?

イナズマ400 プラグ交換スペース

スペースは、10cm無いか? 無理やり奥のプラグキャップは外せたが、手前のプラグキャップは外せず、交換は無理だと思った。

イナズマ プラグ

●タンクを緩める

タンクはガソリンホース等を外さず、手前の固定ボルトを外してタンクをずらした。

イナズマ ガソリンタンク緩める

●スペースが空く

このぐらい空けば充分だと思った。

イナズマ プラグ交換

 

 


●キャップを外したらエアーを噴く

こういうプラグキャップにダストカバーが付いている場合はあまり必要ないと思うが、ダストカバーが付いていない場合は、プラグを抜く前に吹いておいたほうが良いだろう。エアーはパソコン用のもので充分だ。

プラグ交換 エアブロー

 

       

 

●プラグを外す

イナズマ プラグ交換

かぶっていない=一応乾いている。カーボンの付着がすごいが磨耗しているかは解らない。とりあえずとっておこう。右がイリジウムプラグ。電極の細さが良くわかる。

イリジウムプラグ

●プラグの取り付け

1)プラグレンチにプラグを取り付けて、ゆっくり・まっすぐ、手で回していく。
2)硬くなったらレンチで締める。新品なので、結構きつめに閉めた。

 

●イリジウムプラグへの交換後の変化点

・イナズマ特有のエンジンの掛かり悪さはまったく変わらず、かかりにくい。
・暖機が終了したら、気持ち吹けがよくなった気がする。

 

Update 2016/03/21  Create 2014/08/20

 

 

関連記事


■スパークプラグ点検・交換
とあるバイク用品量販店でのプラグ交換工賃は、756円/1本であった。結構高い。スパークプラグ点検・交換のコツをまとめてみた。

スパークプラグ構造・規格
スパークプラグはエンジン回転数に合わせて、エンジン内で気化されたガソリンに火花(スパーク)を与える事により点火しています。スパークプラグは電極が摩耗する消耗品です。

■スズキ・イナズマ400保存会(外部ブログ)
売れなかったマイナーバイクだが何故かかっこいい。流通パーツは少ないが保存しよう。時が経てばたつほどかっこいいと思う。おじさん?そのバイク何?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini コラム サイトマップ   

このページの先頭へ