■CDI

●CDI(Capacitor Discharge Ignition)とは

ピックアップコイルから得た信号電流を受けて内臓されているCPU(ソフトウェア)により点火タイミング(進角も含む)を計算して、CDI内部のコンデンサに貯めておいた高電圧(200~300V)の電流を一気にイグニッションコイル流します。

●純正CDI

右の写真はレッツ2の純正品です。バッテリーと共にステップ下に組み込まれています。他のスクーターではフロントカバーの内側に設置されている場合もあります。

原付は、メーカーの自主規制により、最高速度が60キロ以上出ないように「スピードリミッター」が装着されています。スポーツスクーターの場合、ほとんどの車種がCDIのプラグラムにより車速が60キロに達した時点で点火をカットする方法で制限しています。

 

 

●純正CDIから市販品に交換すると・・

スピードリミッターが解除され、最高速が10キロ程度アップします。

製品によっては、点火時期を高回転重視の設定にし、高回転時のレスポンスアップを狙っているものもあります。

 

●アナログCDI(市販品)

制御の方式にも二種類あります。アナログ点火とデジタル点火です。

とりあえず、リミッターカットのみ行いたい場合は、アナログ式で充分です。

逆に、全くのノーマル車にアナログ式とデジタル式のCDIを組み替えても、ほとんど違いはわからないと思います。

 

 

●デジタルCDI(市販品)

デジタルCDIは、より正確なタイミングで点火することができ、回転数によって点火時期を変更できたりもします。また、マップの切り替えができるものも有り、チューニングの度合いによって、点火系セッティングが可能です。

チャンバー、ビッグキャブ、ボアアップ、ポート加工などで、高回転ハイスピード化を目指すヘビーチューナーにオススメです。

 

Update 2016/03/21  Create 2010/10/10

 

 

関連記事


■スクーター
スクーター

■4st-mini
4stmini

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini コラム サイトマップ   

このページの先頭へ