■バッテリーの処分・破棄

バイクのバッテリーは、鉛、希硫酸、プラスチックなどで構成されているために、燃えないゴミとしてでも、廃棄することができませんし、自治体でも回収してくれません。従って、購入パターンを踏まえて、バッテリーはどのように廃棄したらよいかについて考えてみましょう。

 

●カー用品店・ホームセンターなどで購入した場合 ⇒ そこで引き取ってくれる

カー用品量販店やホームセンターなどでバッテリーを購入後、DIYで交換する場合、バッテリーを購入した店舗に、廃バッテリー持ち込むと、たいてい無料で引き取ってくれます。

まず間違いなく引き取ってくれるはずではありますが、念のため、購入時に「廃バッテリーの引き取りサービスの有無、手順」について、事前に尋ねておきましょう。(バッテリー購入時のレシートを保管しておくと、より確実です。

 

 

●ネット通販で購入し場合 ⇒ 有料で処分するかない

ネット通販のバッテリー専売業者は、価格競争力が高く、最安値でバッテリーを購入したい方には、最有力候補となります。

ですが悩みの種は、バッテリーの廃棄をどうするか? という事です。店で購入する分には、その店舗へ持ち込めばよいのですが、通販で購入の場合、なかなかそうもいきません。

法律上、バッテリーの販売業者は引き取り義務が生じますので、インターネット通販といえども「廃バッテリーを引き取ります」と、明示しているところがほとんどだと思います。

しかし同時に、「廃バッテリーの送付代金は、お客様がご負担下さい」 としているところがほとんどです。

バッテリー自体かなりの重量物ですから、送付先が遠距離の場合、数千円もかかってしまう場合もあります。 これでは、安くバッテリーを買った意味が無く、現実的ではありません。(ちなみに、通常の自動車用バッテリーは10~15kg前後の重量があります。)

有料処分

結局のところ、この場合は、ガソリンスタンドや自動車整備工場、解体屋さんや廃品回収屋さんなどに、有料で引き取ってもらうのが、オススメです。

費用は、500~1000円程度が、相場のようです。
ただ、全てのスタンドや工場が、引き取りをやっているとは限りませんので、引き取りをしてくれる店舗や業者を、事前に見つけておくとよいでしょう。

ちなみに、廃バッテリーの引き取り費用は、その時の金属取引相場によって変動することがあります。

 

●バッテリーを購入・交換してもらう場合 ⇒ 処分を任せる

カー用品量販店でバッテリーを購入し、その店の整備工場でそのまま取り付けてもらう場合は、バッテリーの廃棄まできちんと処理してくれますので、手間がかからず楽ではあります。

工賃はかかりますが、交換後に廃棄バッテリーを持ち込むような、二度手間の必要もないのが良いところです。

工賃はバッテリー廃棄量込みで、500円程度であることが多いようです。
安心できるブランドの、自車に適合する型式のバッテリーが、そこそこ安く販売されている時などにオススメです。

 

Update 2015/01/01  Create 2010/10/10

 

 

関連記事


■バイクバッテリーの規格・サイズ
バイクのバッテリーの規格品番の読み方は四輪車用と異なります。バイクのバッテリー規格もJISで定義されていますが、バイク用は3種類あり、メンテナンスフリー型とその他があり、それぞれ表示方法が異な

■バイクバッテリーの点検と充電方法
スクーター、バイクのバッテリーはメンテナンスフリー型が多い。その点検の仕方と充電方法について。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini コラム サイトマップ   

このページの先頭へ