■バイク用品はネットで買おう!

スクーターやバイク部品・用品について、なんとなくこんなものが欲しいと思い、量販店に行って、買い物をしていませんか? 一度、買い物をしてから家に帰って、アマゾンで検索してみましょう。きっと後悔するはずです。自分で交換(取り付け)できる物はネットで買いましょう。

●実店舗とネットショップの価格差

ヘルメット売り場 商品にもよりますが、その実店舗の特売品でない限り、ネットショップのほうが安いです。

 自分も現物を見ながらバッテリー・チャンバーボアアップキットなどを量販店で買い、自分で取り付けた。

 その晩にふとその部品をネットショップで売られている同一の物の価格を調べた事がありますが、全然ネットショップのほうが安すかった。ある意味、ショックでした。

自分で取り付け・交換などの作業が出来る事が前提ですが、通常の物の安さは以下だと考えます。

実店舗とネットショップの価格差

 

 

●何故ネットショップが安いのか?~ネットは価格が命

amazon 一言でいえば、”市場原理によって”です。価格比較サイトやグーグルなど検索エンジンの充実により、インターネット上では、商品名や型番を入れる事により、どこでいくらで売っているかが一発で情報入手できます。

 従って、インターネット上では価格の安さが命となっています。実店舗より高かったり、競合ネットショップより高いと物は売れません。自然と最安値に近い価格帯で販売されています。

 


●何故ネットショップが安いのか?~ネットはコストが安い

実店舗には、店舗代(テナントト料、設備維持費、電気代)、人件費、広告費が発生します。

バイク用品量販店は、比較的、集客力のある街道沿いにあり、地代・家賃は安くないはずです。

従業員も少なくないだろうし、利益を上げるには数を売る必要があるでしょう。

ネット店舗には、テナント料・人件費は微々たるものである。広告費は初期にある程度かかるが、提供価格が安いい事により、自然と人は集まりそれ程かからない。それらの費用がかからない事で販売価格を安く抑える事が出来る。


●最近のネット通販の売り上げ金額

ネットショップの売上高推移最近のネットショップは、amazonはもとよりyahoo・楽天に加盟している所であればかなり信頼できると思います。

amazonなんかは当日や翌日に商品が届くし、yahoo・楽天に加盟している所であればレスポンス良く商品が納品されています。

クレジットカード番号を入力するのが怖い、本当に商品は届くのだろうか?といった話は昔の事であり、2008年でも左記のグラフの様にネット通販が急増し、実売店舗を追い抜こうとしている程です。きっと2012年現在では百貨店を抜き、スーパー売上高に肉薄していると思います。


●店頭で品定めをしよう!=サイバーマンデー!

バイク用品店①口コミ調査

何か欲しいと思った商品については、ネットや雑誌で事前に情報(口コミなど)を確認するでしょう。

現物確認

そしてやはり、土日には、店頭に行って現物を見て質感や実際の大きさなどを確認する人が多いでしょう。

ネットで発注

その結果(購入判断)に自身を持ってネットで月曜日に注文を入れる。
それで株式業界ではサイバーマンデーといわれています。

 

Update 2018/09/07  Create 2010/10/10

 

 

関連記事


バイク用品通販サイト(Web)

バイク・スクーター用品・部品のネット販売店一覧。スクーターやバイク部品・用品について、なんとなくこんなものが欲しいと思い、量販店に行って、買い物をしていませんか? 一度、買い物をしてから家に帰って、アマゾンで検索してみましょう。きっと後悔するはずです。自分で交換(取り付け)できる物はネットで買いましょう。

  

このページの先頭へ